30代男の投資、リノベ、体づくり、、

30代中年男の豊かな暮らしをするためのあれこれ。

住宅という一生涯の買い物がフィーリング!?

住宅はほとんどの人にとって生涯で一番高い買い物となる。

であれば一番下調べをすべきものである。

だが結構フィーリングで決めてしまっていることがあるのではないかと思う。

たとえば購入するにあたってはいろいろなことを決定していくことになるが疲れ切って最後の方はなんとなくで家電製品を買うように、もしくはそれよりもっとフランクに決めてしまっていないだろうか。

そのあたりの原因と現状、それに対する対策などを下記の書籍を参考に忘備録としてまとめてみた。

 

 

原因

車やパソコンのような家電製品などは評論家が批評する場面が多く見られるが

一方、住宅に関してはそのような批評を目にすることがあまりないように思う。

それは一覧表にするような分かりやすい比較ができる指標があまりないのも関係するのだろう。

最近はUA値やQ値などの断熱気密を表す指標が出てきているのでこのあたりは施工会社などに丸投げするのではなく購入する施主側も知識として持っておく必要がある。

現状

その結果、「営業の人の優しいだけの対応」、「工事費」、「なんとなくデザインがいい」とかで生涯最高額の買い物を決断してしまっている人が多い。

しかも住宅は高価なだけでなく、利用期間も住宅ローンが30年とか35年であるようにかなり長い部類になる。

スマホが数年、車も10年程度で買い替える中で住宅はそうはいかない。

対策

それではどのように対策をすればいいかということだがまずは「トータルコスト」、考え方が必要だと思う。

初期費用が高いプリウス等のような車は燃費を考慮して経済的かどうかを考えて買うのに住宅がそうなっていないのはおかしい気がする。

1つ目は、

工事費だけでなく実際に住み続けるつもりである期間での光熱費を含めたトータルコスト

毎月かかる費用で考えてみると、ローン返済額+光熱費となるのでその光熱費が低ければ毎月のトータルコストはあまり変わらないということになる。

2つ目は、

投資としてのコストと贅沢としてのコストのイニシャルコスト

贅沢としてのコストは削るところがあればどんどん削ればいいが投資としてのコストはかけられるだけかけるべきなのである。

投資の考えとしては最終的に出す費用より返ってくる費用が高ければいいのだからそのキャッシュフロー、トータルコストを考えるべきということになる。

その具体例として挙げられるのが「高断熱」、「高気密」、「太陽光発電」だ。

太陽光発電に関してはざっくり「年利10%の10年定期預金にいくら預けるか」という考え方ができる設備投資となる。

最後に

経済的に余裕がない人ほど贅沢としてのコストは抑えつつ、投資としてのコストはかけていく必要がある。

前述したように最近は住宅の燃費表示ができるようになってきている。

またできない施工会社には頼むべきではないし、そのような施工会社の見極めもそこでできる。

最近は「学習指導要領」の改訂で、2022年度から高校の家庭科で金融教育が行われるとのことだが、お金の次は生涯100年時代、健康寿命の重要性がだんだん取りざたされてきているのではと思う。

その投資、健康どちらにも大きく関連する住宅というのも考えていく必要があるのではと思う。

 

 

 

プライバシーポリシー