30代男の投資、リノベ、体づくり、、

30代中年男の豊かな暮らしをするためのあれこれ。

一般口座でETFを買ってしまった。。~20万円以下の売買益と確定申告の必要有無の関係~

SBI証券ETFを買った。

そこまではよかった。

ただ一般口座で買ってしまった。。

どうしよう。。

 一般口座だと、下記表のように損益通算というものをして自分で確定申告をしなければいけない。

 

  特定口座
(源泉徴収あり)
特定口座
(源泉徴収なし)
一般口座 NISA
確定申告 不要 必要 必要 不要
損益計算 証券会社が代行 証券会社が代行 自分でやる必要あり

非課税講座なので

必要なし

損益通算 確定申告すればできる できる できる できない

なので特定口座に変更したいのでSBI証券にチャットで聞いてみた。

最近はチャットで1分もかからずに知りたいことの回答がもらえるので便利だなー。

メールの回答だと数日かかったり、直接電話だとつながる時間が長くてその間は何もできないし。

ネット証券はやっぱり便利。

f:id:my_own_pace:20210328091317j:image

これで一般口座→特定口座はできないことが確定。。

じゃあ口座を変更したい場合は買いなおすしかないのかというもの聞いてみた。

f:id:my_own_pace:20210328091325j:image

同じ回答なので買いなおすしかなさそう。。

 

ただ、一般口座(または源泉徴収なしの特定口座)は

年収2,000万円以下の給与所得者で、給与以外の所得が年間20万円以下の場合は、確定申告をしなくても良いことになっている(申告不要制度)。

 要は売買益(売却した利益)が20万円以下であれば確定申告は必要ないようだ。

売買せずに利益確定しない場合はそもそも課税されない。

 

申告不要制度とは儲けがそれほど多くないときは、面倒な確定申告を不要にしてあげますよという制度で、

特定口座で源泉ありの分は特定口座で除かれるので特定口座で源泉なしや一般口座のみの場合で20万円を超えるかどうか。

ただし、住民税は納付する必要があるそうだが果たして住民税のためだけにやっている人がいるのか。

 

「特定口座・源泉徴収あり」の場合は、

原則、確定申告は不要だが、メリットがある場合は確定申告をしてもよい。

確定申告するとオトクになるのは、主に次の2つのケース。

①年間で大きく売却損が出てしまったため翌年の利益と損益通算したい場合
例)1年目に100万円の投資信託を買って60万円で売って40万円損した。

2年目に100万円の投信を買って150万円で売却し、50万円儲かった。
この場合で1年目、2年目にそれぞれ確定申告をすると、-40万円+50万円=10万円とすることができ翌年は10万円に対してだけ課税され、税金を払い過ぎていたら還付が受けられる

確定申告をしていなければ、翌年は利益50万円に対して課税されてしまう。

 ②複数の証券会社で年間に利益と損失がでた場合
例)年間でA証券で50万円の利益が出てB証券では50万円損が出た

→確定申告で50万円-50万円=利益は0円と計算してもらえる。

要は確定申告するとオトクになるのは、

利益と損失が出た場合に果然金額を抑えられる損益通算ができる場合

 

確定申告の適用期間は、

1月1日~12月31日。

4月1日〜3月31日というわけではないので注意。

例えば、

翌年の確定申告書の提出期間には、今年の1月1日~12月31日の所得を計算し、納めるべき所得税額を毎年2月16日~3月15日までの1か月間のうちに報告することになっている。

ただし、今年はコロナの影響によりこれが2月16日~4月15日まで延長されている。

 

ということで2021年に一般口座のETFを売って特定口座で買いなおしてどうせ確定申告するならなるべくバブルでもう少し株価上昇して含み益が大きくなってから売却したほうが良さそうだし急がず今年中くらいで様子を見てみようかな。

プライバシーポリシー